ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう

ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう

ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう

元々、契約書というのは知識の少ない人にとっては難しくまた分かりにくいものです。しかし、特に賃貸の契約書においてはきちんと確認をしておかないと後々になって生活上のトラブルになってしまう可能性があります。とは言え、契約書に記載されている内容をすみからすみまで全面的に理解するのは現実的には難しいものです。契約書の中でも、特に優先順位が高く理解しておかなくてはならない事項がいくつかあります。

まず、賃料に関する取り決めです。これから毎月支払う家賃がいくらなのかという最終的な確認はもちろん、どうやって支払うのかという方法も要チェックです。支払い方法には現金で不動産会社に持参する、指定の口座から引き落とし、毎回銀行から振り込むなどのやり方があります。また、賃貸契約の初期費用として前家賃、入居月の日割り家賃が発生しますが、日割り家賃が契約日から発生するのか入居日からなのかも確認しておく必要があります。また、契約期間と、それが満了した時の更新の手続きについても記載がありますから、更新は何年か先とは言え必ず確認しておきます。

また、賃貸物件に生活する以上はその物件で禁止事項として定められている事柄に従わなくてはなりません。契約書には、禁止事項についての記載もあります。具体的には楽器を演奏することやペットを飼うことについての制約などがおもな内容ですが、自分に関係ないと思っても必ず目を通しておきます。さらに、物件を解約して退去するときのルールも大切なポイントです。いつまでに、どういう手段で連絡をすれば退去できるのか、またその時の室内の修繕と敷金の精算に関する項目もトラブル防止のためには把握しておくことが必須です。

関連サイト

Copyright (C)2016ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう.All rights reserved.