ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう

ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう

高齢者専用の賃貸住宅について

高齢者のための住居には施設を含め、3つに大別できます。高齢者賃貸マンション等の賃貸物件と有料老人ホーム等の居住施設と特別養護老人ホーム等の介護保険施設です。それぞれの施設はさらに細かく分類されていますが、高齢者の住環境については介護保険制度によって色々な制度が設定されているのが現状です。賃貸物件には高齢者でも貸してくれる物件はありますが、バリアフリーが徹底されていなかったり、介護サービスが付いていたりする物件は稀であるため、介護保険制度に伴う施設の方が高齢者にとって生活がしやすくなっています。

高齢者向け賃貸住宅のひとつとして、サービス付き高齢者向け住宅について説明いたします。サービス付き高齢者向け住宅とは略してサ付き住宅などと称され、国の施策で2010年に創設されたものです。国土交通省と厚生労働省が共同して進める事業であり、有料老人ホーム等の数だけでは供給しきれない現状を打破するために、新たに高齢者向けの集合住宅を造るという趣旨で事業を進めています。運営は営利法人や社会福祉法人、医療法人などの民間事業者で、認可制を取っており、建設に関しては補助金が交付されるため最近は数多くのサ付き住宅が建設されています。

サービス付き高齢者向け住宅は基本的にバリアフリーでなければならないという規定があり、一つの住宅につき10室〜100室程度の個室を設置し、共用の食堂や浴室を備えているのが一般的です。介護サービスや24時間管理、介護相談窓口なども併設している施設も多く、今後の高齢者の住居において、ひとつの選択肢として検討してみましょう。

Copyright (C)2017ペット共生型の賃貸マンションで、快適に暮らそう.All rights reserved.